はじめに

自宅のクローゼットに何年も使っていないガジェットが増えてきたので、メルカリで出品してみたら意外と簡単に取引が完了して拍子抜けしてしまいました。
29

不要なガジェットが増えてきた

毎年、何かしらガジェットを購入してきたので、自宅には使っていないガジェットがクローゼットの奥に眠っていることが多く、引っ越しの際に売りに出すのも微妙な値段しかつかないものばかりだったのが困りごとの1つでした。

例えば、8年ぐらい前に購入したLUMIX FX18なんて、使わなくなってから4年ぐらい経過していて、しかも800万画素だから今のiPhoneの方が全然綺麗に撮影できてしまう状態でした。ズーム機能を活かすための撮影もしないし、どうしたもんかと思っていましたが見て見ぬふりをして数年が経過してました。

メルカリなら実際のフリマ感覚でモノが売れる

中古店にモノを売るときって、その都度身分証明書を提出しなきゃいけなかったり、店舗側の取り分が多くて二束三文になったりと、売り手側には大きなメリットが得られにくい状況だと思うんですよね。

その点でメルカリでは、「らくらくメルカリ便」という発送方法を選択すれば、売り手も買い手もお互いに住所を晒す必要がなく、ファミリーマートに梱包した商品を持ち込むだけで簡単に発送ができてしまうのがヤフオクなんかに比べると圧倒的にスムーズで手間が少ないんですよね。
17

また、フリマに支払う手数料も一律10%(キャンペーン中1万円以上は5%+500円)で、ヤフオクのフリマと同じだし(Yahooプレミアム498円/月支払えば8.64%)、中古店に比べれば圧倒的にお得です。

さらに、発送料の支払いに関してもヤフオクだとクレジットカード等で別に支払わないといけないけども、メルカリなら購入金額から自動的に差し引かれるのも便利でした。

そんな感じで、相手の個人情報を意識せずに物を売り買いできるのは、実際のフリマ感覚に非常に近いサービスだなぁと使ってみて初めて分かりました。

値引き文化が浸透している

メルカリはあくまでもフリマサービスなので、値引き交渉が日常茶飯事です。

例えば3000円で出品していたとしても、「込2000円でどうですか?」なんていうフランクな値引き交渉のコメントが返ってきたりします。

こういう時に、フリマ慣れてしている人なら、もとから3000円で売りたいと思って出品はしません。おそらく1割〜2割引きの2500円程度で売ろうと思っています。

なので、自分が落札して欲しい価格から1割〜2割り程度高値で出品して、値引き交渉が合った場合は1〜2割の間で値下げするといった感じでやり取りしてるようです。

ここが難しい所で、自分の場合は同じ商品の出品価格と、過去の価格を一通り確認して、落札してもらえそうな価格を決めています。同じ商品がない場合が1番難しい所で、1度出品して「いいね」がどれだけ付くか観察しながら価格を変えたりしてます。

若者が欲しがる商品が落札される

利用者は若い人が多いイメージがあります。コメントのやり取りも短文でフランクな感じだし、「◯日まで取り置きしてもらませんか?」みたいなコメントも多々あります。

また、売れる商品は速攻売れますが、売れない商品はぜんぜん売れません。ガジェットで言うと、iPadやBluetoothスピーカーは数十分で売れましたが、新品のキーボードは1ヶ月経っても売れません。

おそらく売れないガジェットはいくら待ってても売れないので、そういうものこそヤフオクなら買い手がいるのではないかと思います。

メルカリいいじゃん

そんな感じで、これまで8件の取引をしてきましたが、トラブルは1件もありません。

トラブルに遭遇する人も中にはいるようですが、こればっかりは相手の評価を見て判断するしかないので仕方ない気もします。

今後も不要なガジェットがあったら、メルカリでじゃんじゃん売って断捨離していこうと思ってます。

スポンサードリンク