初代iPadからiPad mini2まで

私のiPadの歴史は、初代iPadから始まりました。

当時の発表会で、スティーブジョブスがソファー上で初代iPadをさっそうと使っているのがなんともスマートに感じてからというもの、私はiPadに魅せられてきました。

ただ、その感情も利用していると、だんだんと薄れていくもので。
初代iPad、iPad2、iPad3と使っていきましたが、その大きさには最後まで慣れませんでした。
IMG_2452
そしてiPad miniが発売され、私が求めていたサイズのタブレットをとうとうゲットし、iPad mini 2まで利用することになります。

そして、現在はiPad mini2以外は全て手放しました。

BESTな活用場所はベッド上

iPad mini2のBESTな活用場所は、ずばり!「寝る前のベッドの上」です!
正直、それ以外ではiPadをほとんど使いません!

寝る前にブログを見たり、Youtubeを見たり、Podcastを聞いたりして1日を終えるのが至福の時間になっています。

ただ、仰向けで使っていると、たまにiPadが落下してきて顔面に直撃することがあるので、手のポジションが定まらないのが玉に瑕です。

結局iPhoneがあれば、iPadはさほど必要ない

iphone6sf_06
正直言って、iPhoneが1台あればiPadは必要ない人が多数だと思います。

クリエイティブなことをする人ならまだしも、普通の人がiPadじゃなきゃいけないシーンって実はほとんどないんじゃないかと思います。

iOSに大画面が必用な人や、Apple Pencilを使いたい人ぐらいかなぁと思います。私みたいにMacBookを持っている人は、結局iPadでクリエイティブなことはしないし、MacBookの方が利便性が高いんですよね。

やっぱり、中途半端なデバイスから抜け出せてないのが今のiPadなのかなぁと思っています。

もちろん発表されたiPadは買いません

43
今回、新しい廉価版のiPadが発表されましたが、もちろん私は買いません。

そもそも、iPad mini2があるし、メモリ不足は否めないけど別にそこまで不満を持ってるわけではありません。

おそらく狭額縁で全く新しい筐体のiPadが発表されたとしても、衝動買いするか分からないぐらい私のiPadに対する情熱は薄れてるのが現状ですね。

今後のiPadがどう発展していくのか、私が衝動買してしまうデバイスに返り咲くのか、冷静に見守っていこうと思います。
 
スポンサードリンク