はじめに

HDDを廃棄する時に気になるのが中のデータですよね。個人情報が入っている場合は尚更です。HDDを廃棄する前に中のデータを完全に削除すればこの不安も解消されます。

通常は、フリーソフトや完全削除ツール、業者に依頼して有償でHDDの物理破壊をするなど、手間もお金もかかります。

そんな時に使えるのが、Windowsの標準コマンド「cipher.exe」です。今回はcipherコマンドを利用して安全にHDDを廃棄する方法についてご紹介します。

HDDを安全に廃棄するには 

HDDを安全に廃棄するには、以下の方法があります。
・HDDを物理的に破壊
・HDDのデータを完全に消去し破棄

物理的に破壊するサービスについては、中古販売店等が1台1000円程度で実施しています。しかし、持ち込むのが手間だったり、台数が多い場合はその分の経費がかかってしまいます。

そのため、私はHDDのデータを完全に消去し破棄する方法を取ることがほとんどです。

データを完全に消去するには

データを完全に消去するには、以下の方法があります。
・電気または磁気の力でデータを削除
・無意味なデータを複数回上書き

電気または磁気の力でデータを削除するには、専用の装置が必要なので家庭では実施できません。そのため、無意味なデータを複数回上書きすることでデータを完全に消去する方法をとります

データを複数回上書きするいくつかの方法

データを上書きする方法には、専用ソフトからフリーソフトまで様々ですが、用意するのは面倒なものです。WindowsにはcipherというNTFSの暗号化を管理するコマンドがあり、このオプションにディスクの空き領域を確実に削除する機能があります。

このcipherコマンドを利用すれば、HDDの空き領域を確実に上書きできるため、元のデータを読み取ることができなくなるため、HDDの廃棄時に有用です。

Windows標準コマンド「cipher」で削除する

【動作条件】
・削除対象のパーティションがNTFSでフォーマットされていること
・削除対象のパーティションにファイルが残っていないこと

【動作内容】
1.オール0で上書き
2.オール1で上書き
3.ランダムな数字で上書き

管理者権限でコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行します。
cipher /w:[削除対象のドライブ文字]

【動作例】
C:¥>cipher /w:e:
できるだけ多くのデータを削除するために、CIPHER /W の実行中
はほかのアプリケーションをすべて終了してください。
0x00 に書き込み中
...................................
0xFF に書き込み中
...................................
乱数 に書き込み中
...................................
C:¥>

HDDの捨て方

cipherコマンドでデータを上書きした後、実際にHDDを捨てる訳ですが、普通の家庭ごみには出しづらいと思います。

私は以下のようなパソコン回収会社に送付して破棄してもらっています。HDDを梱包して指定の住所に宅急便で送るだけで廃棄してくれるので非常に便利です。

パソコンファーム
https://pc-farm.co.jp/


パソコン回収.com
http://www.pc-kaishu.com/


参考

JEITA パソコンの廃棄・譲渡時におけるハードディスク上のデータ消去に関する留意事項(PDF)

スポンサードリンク